事業再生企業

M&A

事業再生手続き開始や事業再生計画認可前推進された買収合併(M&A)関連手続きを簡素化する内容で事業再生手続きでのM&Aに関する準則がを改正された。

改正案は事業再生手続き開始前推進されたM&Aでも管理人が裁判所の許可を受けて引受け者と本契約を締結できて契約がまだ締結されなかった場合はずっとM&Aを進行することができるようにした。

手続きの公正性などを担保するために選定過程に疑わしい事情があれば引き受け条件を秘密にしてより良い引き受け条件を提示する者を探す‘公正な選定手続き’を進行するようにした。

また事業再生手続きは開始されたが、事業再生計画が認可される前 M&Aが推進された場合は認可後推進されるM&Aと同じ厳格な手続きでない簡素な手続きによって主幹社を選定することができるようにした。

これは主幹社選定にかかる時間を減らし引受け者選定を調査報告書提出前に終えるようにするということによってM&Aが事業再生手続きを遅延させないようにしたのだ。

またM&Aで引き受け価格が調査報告書によって影響を受けないようにする効果もある。

既存には事業再生手続き開始移転や事業再生計画認可前に推進されるM&Aに対して事業再生画認可後で推進するM&Aのような手続きに従うようにしたしこのために手続きの簡易化や引受け者の迅速な確定を望む業界の立場をまともに反映できなかったが準則改正で事業再生手続きでのM&Aが活性化するだろう。

事業再生手続きに入った場合

企業が事業再生手続きに入れば既存株式に対しては手続きがなされて借金が出資転換されて債権者らが大株主地位に上がるから進行されたM&Aは大部分中断されることが発生した。

だが今回の改正を通じて引き受け企業は会社の経営権変化に気を遣わないでM&Aを進行することができるようになって事業再生企業のM&Aが活性化する展望だ。

事業再生手続き開始以前推進されたM&Aは管理人が裁判所の許可を受ければその進行結果を有効なことに認められることになる。

これに伴い引受け者と本契約を結んだり本契約締結以前といっても引き続きM&Aを進行できることになる。

ただ手続きの公正性が疑われる時は引き受け条件を秘密にしてより良い引き受け条件を提示する'公正な選定手続き'を経るようにした。

ただしこの場合にも認可後M&Aとともに厳格な手続きで限定しはしないから迅速なM&Aが可能になる展望だ。

事業再生手続きは開始されたが事業再生が認可される前に推進されたM&Aも簡素化された手続きにより主幹社を選定してM&Aを進行することができるようにした。

主幹社選定にかかる時間を短縮してM&A推進が事業再生手続き進行を遅延させる要因にならないようにして引き受け価格が調査報告書の影響を受けないようにする効果もできるものと見られる。

事業再生手続き長期化で企業価値と信用度が下落する建設業やサービス業,技術発展速度が速い業種が速かに事業再生の道を摸索できるだろう。

事業再生手続きで経営権が変わる前速かにM&Aを進行させて国内M&Aが活性化すると期待できる。事業再生手続き過程で企業価値が下落するのを防止できて既存債権者にも有利な側面があるだろう。

M&Aは1998年国際通貨基金救済金融事態以後、企業の変動流れが急激になりながら企業の倒産と創業、企業入手が活発になっている。

倒産の恐れがある企業の事業再生のための会社整理および和議手続き代理業務、企業の更生のため有力な手段の企業入手合併に対する専門的法律サービスの支援をうけてM&A支援業務を活性化させている。